LINK

通常の外為の教科書では「差損が生じたケースではナンピンして平均のコストを小さくする事が出来る」等とアドバイスしていると思いますが現実にはナンピンにはかなり大きな危険性が待っています。プラセンタの効果・効能まとめ

まず最初に、ナンピンの仕組みに関して手短に説明しておきます。鈴鹿サーキットのファミリーキャンプ

例として1ドル100円でドルを買ったとします。YYC

ドル買いのため、円安ドル高になるほど利益が出るわけだが思い通りに行かず1ドルが95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。ミュゼの予約でやりがちなこと

そのままの状況で保持し続けたとしたら利益がでるためには、損失分円安に向う必要があります。スキンケア

投資家であれば、損失はなるべく早く0にしたいと願います。ルミナピール 販売店舗

これを解決するためはじめに売り買いしたのと同じ分の$(ドル)を買い増します。アンボーテ

そうしたら、ポジションの買い付け単価は97円50銭まで引き下げることができます。ディズニー英語 料金

言い換えると、2円50銭の幅で円安が進むと、損を回復できる。

この流れがナンピンの仕組みです。

このとおり、ナンピンの方法を目にすると「ごもっとも」という気分になるが外国為替市場はそう容易には思った通りにはなりません。

初めから、1ドル=95円が底値だということなど誰も予想できません。

もしも、為替相場が相当に強いドル安基調だとしたら95円では収まらず、さらにドル安が進む危険性はあります。

97円50銭でナンピン買いをした時に1ドル95円までドル安に向ったらナンピン買いしたポジションについても、損失が生まれることになってしまいます。

これでは、初めに売買したドルと一緒に、倍の差損を被ります。

それゆえ、ナンピンは難解です。

それならば、市場が自身の筋書きとは反対の方向にすぐに行ってしまった場合、どの術でリスクを軽減すればいいのだろうか。

そういう時には選択できる対策は2つしかありません。

ひとつめは観念して、損を確定する事です。

ふたつめは、その段階で、あなたが保持しているポジションを少なくする事によって、再び相場がリカバリするのをじっと待機する事だけです。

だいぶ主体性のない手法だとみる投資家もいるでしょう。

しかしながら、持っている買いポジションにマイナスが生じた場合、一番正しい手段はこれ以外にはありえません。

勿論、ロジックとしてはナンピンするという手段もありえます。

だがナンピン買いは自分自身が損失を出しているにもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、遂に買いポジションを積んでいく考え方です。

この方法では、危険性をコントロールすることなど、到底無理だと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができればいずれは儲けが出るかもしれません。

しかし、それより先にお金がショートしてしまいます。