LINK

普通のビギナー向けの外為の書籍では「損が生まれたケースではナンピン買いをして、全体の平均の買い付け価格を抑える」などと記述されている事もありますが、現実的にはそれには引っ掛けが待ち受けています。ロスミンローヤル 解約

まず、ナンピンの手法に関して手短に説明しておこう。ロスミンローヤルの口コミ

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。大阪府の債務整理

$買いのため円安に推移するほど儲けが出るわけですが、思い通りに行かず95円まで円高方向に向ったとします。ロスミンローヤル アットコスメ

この場面でポジションを保持し続けたら、プラスになるためには、損失分、ドル高が進まなければなりません。子ども 就寝時間 遅い

赤字はなるべく早くリカバリしたいと思うでしょう。ロスミンローヤル ブログ

この状況を変えるため最初に売買したのと同額の$(ドル)を、1ドル=95円で取引します。糖尿病 改善

それで、全体の買い付け単価は97円50銭まで下げることができますこの結果、2.50円の幅で円安ドル高に進めば損を失くすことが出来ます。中小消費者金融

これが、ナンピンのやり方です。京都 シースリー

このように、ナンピンの方法を耳にすると「なるほど」という考えになるが外国為替市場は容易には思い通りにはいきません。社宅・寮ありや家賃の補助ありも選べる薬剤師の求人

初めから、1ドル95円が下限だとということなど誰にもわからないのである。

もしも、為替がかなり強い円高ドル安傾向だったら95円では収まらず、一段のドル安が進む可能性はあります。

一例として、97円50銭でナンピン買いをした時に、1ドル95円まで円高が進んだらナンピンしたポジションにも、為替差損が生まれます。

そういう状況では一番初めに注文したドルとあわせて倍のマイナスが生まれます。

このように、ナンピン買いは難しいのだ。

では、為替があなたの筋書きとは逆に進んだ場合、どういった手段で危機をコントロールすればいいのでしょうか。

そういう時には選択する術は2つだけあります。

まずはじめは観念して、ポジションを諦める事です。

もうひとつはその時点で、自分が保持している買いポジションを小さくする事でもう一回マーケットが元のようになるのをじっと待機する事だけです。

少し受動的な方法だとおっしゃる投資家もいるでしょう。

けれども、所有している買いポジションに為替差損が出た場合、最も適切なやり方はこの2つ以外にはありえません。

なるほど、机上ではナンピンする手段もありえます。

だがしかしナンピン買いは自分か損をしているのにポジションを小さくするどころか、それとは反対に買いポジションを増やしていく手段です。

この方法では、危険性を回避することなど、どう考えても不可能だと思うべきです。

ナンピン買いを続ける事ができればいつの日にか損を取り返せるかもしれません。

だがしかし、それより先に投資資金はショートしてしまいます。