LINK
FX(外国為替証拠金取引)のパターンには取引所取引というものがあります。普段の外為(FX)企業と売買をするという行動を「店頭取引」と言いますが、この事は取引所を通行させないで売買の相手は外為取引(FX)会社になります。「取引所取引」という取引所は外為取引会社は橋渡しあり、ダイレクトな売り買い対象は取引所という訳になります。その相違をこの場で少々比較していきましょう。初めに「店頭取引」のケースは委託してあるお金は外為会社に管制されています。「取引所取引」の次第、この証拠金は総額取引所に預け入れしなければならないと決められているのです。仮にFX会社がダウンしてしまうというような話があったとしても、後者は、取引所によって資金は全姿金保護してもらうことになります。前者の折はFX業者が束ねしているため、業況によっては企業ダウンのつけをを受けて託していた証拠金は擁護されないのかもしれないです。また税金面からみても両者に関しては規定に差異がございます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として報酬と加算して届出をしないといけません。だが確定申告しないで済む場合もあるとの事ですので、自身にマッチするかどうか念入りに確認をお願いします。あなたが勤労者で年収二千万円以下給与所得を除いた儲けが20万円以下(2.3の企業から賃金所得はないこと)というようなのような取り決めを満たしているのなら特別のケースという事で確定申告は必要ありません。FX(外国為替証拠金取引)利潤が二十万円以上時は確定申告してください。税金の度合いは実収に付随して5パーセントから40パーセントの六段階に分割されておりまして、稼ぎが高いならばタックスも上がります。「取引所取引」に関しては、利益があるのであればそれ以外の儲けとは別で考えておいて「申告分離課税」の的になります。税の度合いはすべて20%となりますが、もしかして赤字がはっきりしたのであるならば「取引所取引」の有益として損失分を次年以降に先延ばしするということが可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価なtaxになる場合も大いにあるのでふまえて研究していった方が良いと考えます。ことに新参者の場合、JASDAQ株価の浮き沈みや円高に常に注視して、もうけや欠損分に手に汗にぎるあまり、税金においての物事を忘れ易くなることもあるので注意しましょう。損は困るけれども、実入りが上がれば税金に関しても増加するので注意とわきまえる事が重大ですね。