LINK
とうとう仕かける時という段階では第一に準備を横着してはいけません。トレードを始める前であれば起こる事を客観的に調べる事ができるゆとりがあります。ところが、一回相場の内側に踏み込んでしまうと、どう工夫しても見解が主観的になり、肝心な時に正しい見方ができなくなる恐れが生じる。だから自分自身の考えが冷静な場面で正しく事前準備をしておくことが大事です。その準備とは、はじめは台本を書くことからスタートする。将来の為替相場はああだから米ドルをエントリーするみたいに自らの脚本を書いていきます。次はチャートを確認しましょう。過去の市場の上下動を見つめて価格を確かめます。そうしたら、「今現在はひどく低すぎる水準だ」など、あるいは「今となっては大多数の方が買い(あるいは売り)に動いているから今さら大急ぎでエントリーしてももうやりようがない」ということが判断できます。当然、すでに買い(または売り)するのが遅すぎるなと考えたら、何もしないで、そこのところは諦めることが重要です。どうあがいても自分なりの脚本を押し通して、無理にトレードすると外国為替市場にやられてしまい、逆に損失を被ることになるリスクがあります。ただしかなりの場合準備万端の自分自身のストーリー展開を考えておけば売り(または買い)が遅いという具合にはなることはありません。おそらく、具体的に相場が上げ下げする前のはずだからです。次は、とりあえず自らが注文しようと検討している売買ポジションの動きを、しっかり点検する事が必要です。もしも、円安が進むだろうというシナリオを描いたのであればドルの動きに注目しておくことだ。市場の上げ下げを注意を払い始めたときでは、明確に変化する気配を見せることはなく上がったり下がったり多少の上げ下げを繰り返しているだけでしょう。でも、その上げ下げをじっと調べているとある地点でじわじわと、ドル高の方向へとマーケットが動き始めてくる。このチャンスで初めてドル買いの取引します。通常、そこまで注意深く事前準備を考えておけば、その注文で勝つ率は高くなるはずです。