LINK
外国為替証拠金取引(FX)のパターンには取引所取引という所がございます。FX業者と売買をとり行うものを「店頭取引」と呼ぶのですが、この事は取引所を通行させず取引の目標は外為取引(FX)会社になるのです。「取引所取引」という所はFX(外国為替証拠金取引)企業はあくまでも仲介役でありますので、率直の取引目標は取引所という訳になっています。その違いをこの場で比べてみます。初めに「店頭取引」の例は委託してあるお金は外為(FX)会社にコントロールされているのです。「取引所取引」の次第、こちらの資金は総額取引所に預金しなければならないと義務になっています。FX(外国為替証拠金取引)会社が倒産してしまう問題が例えあっても、取引所取引は取引所によって資金は全ての額防護されることになります。前者の場面は外為(FX)業者が統括しているので、様子を見て業者パンクの悪影響ををこうむり預託していた証拠金はガードされずにいくのかもしれないです。その上税金の面からも2つには条件に違いがあります。「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として給料と累計で申告せねばなりません。けれども確定申告せず済む際もありますので、自身に共通するか否かよく確かめるようにしていただきたいです。もしも貴方が労働者で年収二千万円以下給与の所得他収入が20万円以下(2社以上の会社から給料の所得がないこと)といった条項を満たしている状態でいるなら例外という訳で確定申告は不要でOKです。FX(外国為替証拠金取引)もうけが二十万円以上場合は確定申告をしてください。税金の率は実収に付随して5〜40%の六段階に分けられていて、収益が高いのなら税金も上がります。「取引所取引」については、利潤がそれ以外の実収とは別で考え「申告分離課税」の対象となります。税の度合いは一律20%となるんですがもし足が出るのが決定したなら「取引所取引」のメリットとして赤字分を翌年以降に繰越することができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方が低い税になる時というのも大いにあるので比較してみて考えた方が良いと考えます。未経験者のケースは、株価の変動や円の状態にいつも行き届き、利益や欠損分にひやひやするがために、税金についての物事を忘れてしまいがちなることもあるんです。損金は困ります。でも、実入りが増えれば税金に関しても多くなるので注意と理解が大切との事です。