LINK
為替介入(外国為替市場介入)というのは知っていますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌、テレビ、ヤフー等の報道で見られたみなさんもいると思います。元から為替介入(外国為替市場介入)は我が国においては、財務大臣が為替レートの安定性を保つように遂行する方法として位置づけられています。簡単に言うと、激しい円高または円安が起きると財務大臣の命令により中央銀行(日本銀行)円を売り買いすることで為替のレートの安定をさせる、ものです。為替の介入とは種類があるのです。1.単独介入・・・政府機関・日銀が、東京での市場において自らが市場に加わって為替の介入を行なう。2.協調介入・・・多くの銀行などが話し合ったうえ各通貨当局のお金を用い一緒または続けて為替介入を実施していく。3.委託介入・・・国外の銀行などに対して為替介入を委ねる。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の通貨当局に代えて外国為替市場介入(為替介入)を執行する。こういった種類です。いずれの外国為替平衡操作(為替介入)も短期に、または当分為替に影響力を与えると思います。為替介入(外国為替平衡操作)の金額は当然ですが国家の面子をかけているのですからスケールが違うのです。円を基本にしてみると、通常はほんの少し変化する為替相場が突如数円の変化をするのです。個人投資家の方ならば一回くらいは経験していると思いますがこれまで上手に含み資産(もしくは含み損)が多い保有高を持ち続けていたところ、その保有高が決済したとの連絡がFX業者からメールが。いくら得になったのかな(赤字になったのか)?と思いながら決済報告を見ると自分で推測していた状況とは真逆の状況となりびっくりした事例がよくありました。外国為替平衡操作(為替介入)が実施された際に多く聞く話です。このように為替介入(外国為替市場介入)が実施されることで、為替の市場のトレンドと正反対の変動をします。なおかつ変化する金額の範囲はでかく動くので用心が必要です。