LINK
FXの投資においての目標は、各国それぞれの通貨があげられます。通貨に当り吸収していこうと思っています。・公式通貨には「基軸通貨」という名称で称されているものがございます。基軸通貨とは、各国間での決済そして金融の取引において主に使われる公式貨幣のことを言いますが、現状では米ドルであります。一昔前は英ポンドについて基軸になる通貨だったのですが米ドルになったのです。・FXにて流通している通貨の種類に際しては、他で言う外貨投資に比べてみて頻繁というのが特徴というのがあります。FX会社により取り扱う流通貨幣の種類は変わってきますが、通常では約20種類ある模様です。その中でも変動性が高い数値の通貨をメジャー通貨と呼びます。変動性が大きいという意味は、売り買いが活発に実施されているという事であり、流通通貨のビジネスがたやすいことであります。重要な公式通貨には述べました基軸の通貨のアメリカ合衆国ドルに、¥(日本円)¥(円)、ユーロ(?)3種の通貨があって世界の3大通貨表されています。英ポンド、カナダのドルなどが準メジャー通貨と言われております。変動が小さい通貨についてはマイナー通貨と言われて、経済の力が弱い国の流通貨幣で、南アフリカランドやシンガポールドル、ポーランドズロチ、トルコリラなどが広く支持された通貨は、ドレードされている規模が多数ですので、値動きが堅調で情報の量も多いとのことです。マイナー通貨においては利子の面で高いことが多く値の変動が大きいみたいです。値の高安が大きいという事においては甚大な利潤を受け取る機会が存在しますが利益を得る機会があるだけ危うさも大きくて冒険です。また流動する性質が低い流通通貨であるからしてフィックスしたい際に決済が出来ない可能性があるとの事です。どの種類の通貨を選ぶかという事は、流通貨幣の属性をしっかりと研究してから実行する事は必須であるのではないかと思います。